教員生活の人生をより輝かせるためのアドバイス

複数の友人が小学校教員として同じ仕事に就いていました。友人から仕事内容や人間関係、労働条件などの話を聞いた事があるからです。様々な経験をして今現在も働いている方、転職をし新たな人生を送っている方と双方からの視点でアドバイスが出来ると思います。

辞めるべきか続けるべきかの判断ポイントをお伝えします。教員であるからには、子供たちに嫌な生活が続いている日でも毎日顔を会わざる負えない存在です。どんな理由で教員という職種に就いたのか様々であると思います。教員たるもの、子ども達なしには教員と語る事は出来ません。教員になるまで、様々な夢を思い描きこの職を勝ち取ってきたものでしょう。いざ働いてみると、人間関係・時間外労働条件など様々な事で悩みが増えてくるものだと思います。そこでまず、「何故教員になったのか」「どんな教員になりたかったのか」視点において考えて頂きたいと思います。そうするとまず初めに子ども達や自分の思い描く教員姿が思い浮かびませんか?初めに描いていた想いを考えながら、現在の労働条件、体力、人間関係の中で楽しい!まだやりたい事がある!!という風な事が出てきたらそこが判断ポイントになるのではないかと思います。

労働条件・人間関係はどの職場にもあります。教員は、選ばれし人間にしかなれません。教員以外で転職してしまうと簡単には戻れないのではないかと思います。

手にある職に就いたあなた。子ども達は大人にはない様々な要素を持った存在です。そんな教員人生をもっともっとよりよい物にしていって欲しいです。子ども達を育てていけるのは、教員ならではの力です。素晴らしい子ども達の人生があなたの力によってキラキラと輝かせていけるように応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛 冬