教員を辞めるべきか、続けるべきか困ったときのアドバイス

私は以前小学校教員として働いていました。結婚して家庭に入り、仕事を辞めました。周囲にも教員の友だちが多いです。教育現場や、仕事内容も分かっており、また辞めた経験もあるため、アドバイスしやすいと思います。

今、辞めるべきか、続けるべきか悩んでいる人は、悩んでいる理由が何かによって異なると思います。 1.この仕事が嫌という理由 この仕事が嫌と思うのならば、辞めることをお勧めします。教員はこの仕事が好き、子どもが好きでなければ続かないと思います。いやいや続けれる仕事ではないと思います。 2.人間関係に疲れたという理由 子ども、保護者、同僚といろいろな人間関係がありますが、教員は転勤もあれば、子どもは毎年入れ替わります。そのため、この人と合わないなと思っても、何年か我慢してお付き合いすれば大丈夫なので続けることを勧めます。 3.激務なためという理由 確かに、教員は忙しいです。サービス残業も多く休みもとれません。けれどやりがいはとてもある仕事だと思います。そして、他の仕事をしている方のなかには同じように忙しいけれど、給料が少ない人もいます。体を壊すほどに、疲れていれば、辞めることも考えてもいいですが、そうでなければもったいないかなと思います。

教員は、忙しいですが、やりがいのある仕事だと思います。やりがいがあると思うのであれば、辞めてしまうのはもったいないと思います。こんなにやりがいのある仕事は他にはあまりないと思います。

自分の子どもをしっかり育てたいから辞める、他にやりたい仕事があるから辞めるというような明確な目的があるのであれば、教員を辞めても後悔はないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛 冬