教員を辞めた時に自分に残った経験を生かす転職とは。

教員を辞めたいあなたに教員でない私がなぜアドバイスできるのか?それは私は教員免許を持っていても、社会に出ても役に立たないからです。履歴書には免許があると書きますが、いざ面接となると、教員免許があるのにうちの会社を受けるのは勿体ないと言われ、就職の武器にはならないからです。

スムーズに転職する方法としては、教員免許を最大限に生かせる家庭教師や塾の講師が一番転職しやすいと思います。教師の経験があると、給与面でも優遇されます。家庭教師や塾の講師は採用試験時に、必ず実力テストがあります。ここで時給も決まるし、企業側の態度も変わります。ただもし、教師の仕事をしたくないというのであれば、大卒を優遇している企業を探すといいと思います。 場合によっては教師という過去を嫌がる企業もあるので、そこは入社してからのことで、なんともいえないです。 私の知り合いは家庭教師を生活の生業としていますが、収入には波があるそうで、国保にもなるし、あまり良いことはないようです。開業をして教室を開いている人もいますが、教師というものにあまりこだわらないのであれば、それでもいいと思います。 私は教員免許があるというだけで、嫌なことを職場から言われたりしているので、教師に一度なったら転職しない方がいいかなとも思います。

教員免許を武器に転職に成功したことはありませんが、私の知り合いは、国家公務員として長く働いています。

一番転職先としてお勧めなのは有名どころの塾の講師や、開業がいいと思います。教員は誰でも経験できるわけではないので、その経験を十分に生かした仕事ができると思うからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛 冬